ドライバー事故時の対応マニュアル


ごあいさつ
運送事業で大きなウェイトを占めている交通事故。
交通事故を起こすと、当該運転者はもとより事業主、管理者など関係される方々には日常業務とは違った繁雑な仕事が降りかかってきます。
交通共済では、交通事故の発生から解決に至るまでの間に行わなければならない様々な事柄について、組合員の皆様に事前に知っておいていただくため、このページを作成いたしました。
交通共済では、共済契約車両の起こした交通事故について速やかに、かつ円満に解決するように努力しております。
組合員の皆様におかれましては、よろしくご協力いただきますようお願い申し上げます。

目次
  1. 事故発生から解決までの流れ
  2. 事故を起こした時に必ず守ること
  3. もし事故を起こしたら
  4. 共済への事故報告
事故発生報告書ダウンロード


1. 事故発生から解決までの流れ


自分だけは大丈夫と思っていても、避けられないのが交通事故です。
万一交通事故を起こしてもスムーズに事故が解決できるように、普段から事故発生時の基本的な心得を身につけておくようにしましょう。

事故発生から解決までの流れ

2. 事故を起こした時に必ず守ること


■負傷者の救護義務
人身傷害を伴う場合には、事故関係者は負傷者を病院に連れて行ったり、119番に連絡したりするなど、必要な救護活動をしなければならない。
また、応急手当法を心得ておくのも、車の運転者の常識である。

■危険防止の措置
事故現場は混乱する場合が多いので、事故関係者は第二、第三の事故防止のために車の誘導などの危険防止措置を講じなければならない。
しかし、事故車の移動は後日争いの原因となることがあるので、警察が来るまではそのままにしておく方がよい。
■警察への届出
加害者の運転者は、事故の処理が終わったら日時・場所・負傷者の人数と程度・壊れた物・その後の処理を警察に届けなければならない(加害者は処罰を恐れて届出をしないことがあるので注意)。


3. もし事故を起こしたら


もし事故を起こしたら
1.事故発生
もし、事故が発生したら、人命の救済を最優先にしましょう。

@万一の時こそ、あわてず冷静を保つように
A事故現場にいる人たちに事故処理の協力依頼を

※道路交通法第72条には、『交通事故にあったときは、運転者その他の乗務員は直ちに車両などの運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止するなど必要な措置を講じなければならない』と規定されています。

2.事故後の安全策・救急車などの手配
道路における危険防止策を確実に行いましょう。
また、必要に応じて救急車を手配します。
近くに病院がある場合は、そこで応急手当てを行います。

@救急車の手配や、最寄りの病院などで応急手当てを行う
A負傷者を動かせないときは、後続車などに対する注意を
・ハザードランプや発煙筒、停止表示板などを用いて注意を促す

3.警察への届出

警察には、人身事故や物損事故、被害の規模を問わず、必ず事故への届出をしましょう。
届出がなかった場合、交通事故証明書の交付を受けられません。

@最寄りの警察に連絡する
・運転者が負傷して連絡出来ない場合は、他の人に連絡を依頼する
A警察への連絡事項
(1)事故発生の日時と場所
(2)死亡者、または負傷者の数・負傷者の怪我の程度
(3)破損したものとその程度
(4)事故に対して講じた措置
B構内の事故であっても、事故の種類を問わず、
構内の責任者などへ届け出る

4.会社などへの連絡
荷主や荷受人に積み荷の状況を連絡し、会社の責任者、事故担当者などに事故の内容を報告し、事故処理に必要な指示を受けましょう。

5.自身・相手の事故状況の確認
事故の状況は、過失の割合だけではなく、運転者の刑事処分や行政処分に影響します。
忘れないうちに現場の状況をメモすることが重要です。
事故の目撃者がいる場合には、その人の住所・氏名・連絡先もメモしておきましょう。

6.事故現場での示談はしない
安易な謝罪や約束は、その後の示談交渉に不利になる場合があります。
相手に主張するべきことは、はっきりと主張し、軽率な損害賠償の約束はしないようにしましょう。

●契約車・被害者側の過失は南九共済が判断いたします。
●契約車両・相手車両とともに、修理される前に必ず南九共済にご連絡ください。
ご連絡を頂けなかった場合には、共済金をお支払いできない場合があります。

4. 共済への事故報告


事故が起こったら、然るべき措置を完了させた後、24時間以内にに南九共済に事故の報告をしてください。
事故受付後、担当者が示談交渉のお手伝い・アドバイスをさせて頂きます。

共済への事故報告のポイント
1.事故車の登録番号
2.運転者の氏名・年齢
3.発生年月日・時刻・天候など
4.発生場所(路線名)など
5.事故の状況(態様・原因など)
6.届け出た警察署名
7.被害の程度(死傷者数・入通院別・診断名など)
8.被害者の住所・氏名・年齢・性別・職業など
9.入通院先医療機関の名称・所在地・電話など
10.相手方の登録番号(車両同士の事故の場合)
11.その他の参考事項(自賠責契約保険会社名など)
12.修理工場名・電話番号(対物・車両事故の場合)
13.損害の程度
事故報告:0120-056-324

■示談交渉をお手伝い、お引き受けできる場合
・南九共済では、明らかに損害賠償責任のある事故について示談交渉のお手伝いを行います。

■示談交渉お手伝いの際の加入者へのお願い
・予め相手方の了解を取り付けて頂きます。
・交渉を円滑に進めるために、相手方との交渉の場にご同行・ご同席いただくなどのご協力をお願いすることがあります。
・相手方へのお見舞、葬儀への参列などは契約者にてお願いいたします。

●事故が起きたら、 軽微の事故でも直ちに連絡して下さい。
●事故に対して適切な措置をとることは円満解決への第一歩。
交通共済への迅速かつ正確な事故報告もその一つです。
(注)事故後60日以内に届け出ないと保険金が支払われないことがあります。